ハチミツ

ローヤルゼリーとハチミツの違い

ハチミツとの違いをご説明するために、まずは働き蜂のことからご説明しましょう。
まず、働き蜂は花粉と花蜜を鼻から集め巣へと持ち帰ります。
花粉を食べて、働き蜂の腸で吸収され合成された物を、東部の咽頭腺という部分より分泌されるものがローヤルゼリーとなります。

ハチミツは花蜜を胃で消化して、ブドウ糖と果糖へと分解します。
そして口から巣房へ入れられ、熟成させたものがハチミツとなります。
そもそもの花から採る部分が違うのですね。

色味も違い、ローヤルゼリーは乳白色でクリームのようになっており、酸っぱく鼻をつく匂いがします。
ハチミツは皆様の良く知っている通り、透き通った黄金色をしていて、甘いです。
成分としても違いがあり、特に糖質が違っています。

ローヤルゼリーは上述したように酸っぱいのもあり、糖質は10%ほどしかありません。
しかし、ハチミツは78%が糖質という配分です。
それ以外では含まれている栄養素としての違いはありませんが、やはり糖質の割合が違いますので、ローヤルゼリーの方が含まれている脂質やタンパク質などがバランスよく含まれています。
ローヤルゼリーとハチミツには、このような違いがあります。
基本的には変わりませんが、やはりローヤルゼリーの方が優れた食べ物であるというのが分かりますね。
そんなローヤルゼリーを使った製品はとても人気で多くのメーカーから販売されています。
その中でも利用者に人気なのはこちらのhttp://xn--2ck2dtaci4ge0120ea3854c7l6c.com/というランキングサイトに載っています。
製品タイプは生タイプ・乾燥タイプ・調整タイプの3つに分けられており、その中でも特に効果が期待できるのが生タイプです。
しかし、生ローヤルゼリーは酸味が強いため、そのままでは食べにくいです。
良薬口に苦しということわざがありますが、まさにローヤルゼリーはこれにあたるように思えますが薬ではなく健康食品のため違うような気もします。

このページの先頭へ