ハチミツ

ローヤルゼリーにはどんな種類があるの?

ローヤルゼリーと言えば種類などないと思われる方もいらっしゃると思いますが、実はいくつかの種類があります。
どんな風に変わってくるのか、ご説明いたしましょう。

まず、皆様がよく想像され、知っている生のタイプhttp://www.velocityfiverestaurant.com/nama.htmlです。
これは採集したものを加工せずにいるものを指します。
加熱処理などが施されていないため、食材に含まれている味や栄養素をそのまま摂ることが出来ます。
新鮮なものをそのまま食べるということが食べ物を食べる上で理想なのですが、生のローヤルゼリーは酸素に触れると酸化しまい、保存性が悪いことが大きなデメリットになっています。

次に、乾燥タイプhttp://www.tasteofamore.com/kousei.htmlです。
これは生ローヤルゼリーに加熱処理を施し、水分を飛ばして粉末にしたものを指します。
しかし、熱を加えてしまうとアミノ酸が変性しせっかくの栄養素がなくなってしまうので、あまりいいとは言えません。
しかし、味などは生タイプと比べると飲みやすくなっています。
中には、熱ではなく真空することにより水分を飛ばすものもあります。

最後に調整タイプhttp://www.vietnamembassy.jp/sapurimento.htmlです。
ローヤルゼリー以外のものも加えたものを指します。
相乗して健康や美容に成分が加えられているため、よりいい効果を得られやすくなっています。
しかし、配合量に生換算して、という表記があることもあります、よく確認してから購入しましょう。
栄養が豊富なのでみなさんに是非摂っていただきたいのですが、中にはローヤルゼリーで副作用が起きてしまう人がいるようです。
副作用として出る症状はhttp://www.hollandlimo.net/uku.htmlにかいてあるのですが、じんましんや湿疹が出てくるようです。

このページの先頭へ