ハチミツ

ローヤルゼリーと女王蜂の関係

ローヤルゼリーはhttp://www.collegejudo.com/joo.htmlにもかいてあるように
女王蜂が食べることを許されている食べ物です。
では、なぜ女王蜂だけが食べていいのでしょうか?
http://www.puqo.org/04ou.htmlにも書いてあるように女王蜂は、最初はただのメス蜂なのですが、選ばれると他の働き蜂からローヤルゼリーを与えられて成長します。

ローヤルゼリーは栄養価の高い食べ物http://www.moondropclothiers.com/02ro.htmlですから、次第に巨大化し、女王としての風格を持つようになっていきます。
女王蜂になると、一日に2000個ほどもの卵を産み、それ以外のことは基本的にはしません。
卵を産むと働き蜂が運んで新たな働き蜂が生まれるように育てます。

この間にも、女王蜂はご飯も食べる暇がありません。
そうしたときに、働き蜂から口移しで食べさせてもらいます。
また、実は女王蜂以外にも、食べてばかりのは違います。

それはオスの蜂です。
オスの蜂は寿命が働き蜂や女王蜂と比べ数か月と短く、女王蜂と交尾をするために栄養を蓄えています。
しかし、そんな重要な役目を持つオス蜂でも、ローヤルゼリーを食べることは許されません。

それだけ、女王蜂だけが食べることを許されている食べ物なのです。
そんな愛されている女王蜂の食べ物ですから、栄養素がこんなにもたっぷり含まれているのです。
このローヤルゼリーがミツバチによってどのように作られているのかがhttp://markcortale.com/zerii.htmlに載っています。
種族関係なく、愛情というものは素晴らしいですね。
また、ローヤルゼリーと蜂蜜が一緒だと考える人も多いので、是非こちらhttp://www.ramadasuite-seoul.com/hatim.htmlも参考にご覧ください。

このページの先頭へ